同窓会について

About the almni association

沿革

東北大学機械系学科の沿革と同窓会の沿革

明治45年 4月 仙台高等工業学校を東北帝国大学工学専門部とする
大正8年 5月 工学部設置、機械工学科、電気工学科、化学工学科の三学科
  9月 第一回入学宣誓式、授業開始
大正10年 4月 工学専門部廃止
宮城音五郎教授第二代工学部長に就任
大正11年 3月 機械工学科第一回生卒業
大正15年 6月 工学部本館(機械工学研究室を含む)を焼失
昭和4年 11月 機械・電気再建、本館披露
昭和9年 7月 宮城音五郎教授第九代工学部長
昭和14年 4月 航空学科設置
昭和18年 10月 高速力学研究所附置(初代所長工学部教授沼知福三郎)
昭和20年 12月 航空学科廃止、工業力学科設置
昭和22年 9月 東北帝国大学は東北大学となる
昭和24年 5月 新制工学部設置、機械工学科、産業機械科
昭和25年 5月 沼知福三郎教授学士院賞受賞
  12月 産業機械科を精密工学科に変更
昭和26年 3月 仙台工業専門学校最後の卒業生
  4月 樋口盛一教授第11代工学部長
昭和28年 3月 新制大学院工学研究科設置、機械工学専攻
  5月 成瀬政男教授学士院賞受賞
昭和30年 3月 大学院修士課程第一期生修了
  4月 大学院博士課程発足
昭和36年 4月 機械工学第二学科設置
  5月 工業教員養成所設置
昭和39年 4月 材料強度研究施設設置
  10月 青葉山移転開始
昭和40年 1月 機械系三学科建物竣工
  4月 棚沢泰教授第16代工学部長
大学院機械工学第二専攻設置
  9月 東食堂新設
  11月 沼知福三郎名誉教授日本学士院会員
  6月 材料強度研究施設棟竣工
昭和43年 1月 抜山四郎名誉教授ヤコブ賞受賞
昭和44年 6月 工業教員養成所廃止
昭和46年 5月 横堀武夫教授学士院賞受賞
昭和51年 11月 沼知福三郎名誉教授文化功労者
昭和52年 4月 玉手統教授第21代工学部長
昭和58年 4月 武山斌郎教授第23代工学部長
  5月 文部省科研費特別推進研究採択(代表阿部博之教授)
昭和62年 4月 大谷茂盛教授第二五代工学部長
平成元年 5月 大谷茂盛名誉教授第16代総長就任
附属材料強度研究施設を附属破壊力学応用研究施設に改組
平成2年 1月 大学入試センター試験開始
平成3年 四月 機械工学科、機械工学第二学科、精密工学科が機械知能工学科、機械電子工学科、機械航空工学科に各改組
  9月 文部省科研費特別推進研究採択(代表江刺正喜教授)
平成4年 5月 文部省科研費重点領域研究二件採択(代表高橋秀明教授、代表大宮司久明教授)
平成5年 4月 阿部博之教授第28代工学部長
情報科学研究科設置
平成7年 4月 機械系三専攻を機械知能工学専攻、機械電子工学専攻、航空宇宙工学専攻に改め、大学院重点化整備
  11月 東北大学機械系同窓会発足
平成8年 5月 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー設置
  11月 阿部博之教授第18代総長
  12月 横堀武夫名誉教授日本学士院会員
平成9年 4月 大学院重点化整備完了
平成11年 1月 機械・知能系共同棟新築
  4月 破壊力学応用研究施設が破壊制御システム研究施設に改組
文部省科研費COE拠点形成プログラム採択(代表庄子哲雄教授)
平成12年 11月 横堀武夫名誉教授文化功労者
平成14年 4月 技術社会システム専攻設置
  11月 文部科学省21世紀COEプログラム採択(代表佐藤正明教授)
平成15年 4月 バイオロボティクス専攻設置
大学院環境科学研究科設置
  7月 文部科学省21世紀COEプログラム採択(代表庄子哲雄教授)
平成16年 4月

東北大学は国立大学法人東北大学となる
機械系三専攻を機械システムデザイン工学専攻、ナノメカニクス専攻、航空宇宙工学専攻、
バイオロボティクス専攻の四専攻に改組

4月 附属破壊制御システム研究施設を附属エネルギー安全科学国際研究センターに改称
平成18年 4月 附属マイクロ・ナノマシニング研究教育センターを設置
平成20年 4月 大学院医工学研究科設置
平成22年 国際化拠点整備事業(グローバル30)国際機械工学学士・修士・博士コースを設置
平成27年 4月 附属エネルギー安全科学国際研究センターを先端材料強度科学研究センターに改称
平成28年 4月 機械システムデザイン工学専攻を機械機能創成専攻に改組
ナノメカニクス専攻をファインメカニクス専攻に改組
バイオロボティクス専攻をロボティクス専攻に改組
平成29年 日本人対象の秋入学グローバル入試を導入(理工系学部初)