お便り・アルバム

Letter & Album

昭和33年卒

昭和33年精密工学科卒 最後の同窓会便り

 平成28年4月24・25日、昭和33年精密工学科卒業の最後の同窓会を長野県昼神温泉郷のグランドホテル天心で開催いたしました。遠路にも関わらず、9名の皆さんに御参加いただきました。お陰様で、大変楽しく、また、有意義な会となりましたことを幹事として厚く御礼申し上げます。

 本来ならば昨年開催の予定でしたが、今回は最後ということもあり、全員が80才を迎えた傘寿という記念すべき年を祝っての開催とさせていただきました。残念ながら、その間、亡くなられた方もおられ、あらためて哀悼の意を表したいと思います。

 当日は、幸い、天気にも恵まれ、初夏を思わせるほどの暖かい日となりました。4月24日は全員予定通りに到着され、早速、阿智川周辺を散策するほどの元気ぶりには感心させられました。

 夜の宴会は予め時間を延長しておりましたが、皆、元気で、お酒も進み、各自の近況報告も時間切れとなるほどでした。二次会は全員、幹事部屋に集まり、趣味のスケッチや写真の披露など、遅くまで話が尽きませんでした。

 翌日は一風呂浴びたのち、名物の朝市で、「コシアブラ」「タラの芽」「オコギ」など、珍しい山菜を買い求めながら散策しました。朝食の後、バスで月川の花桃の里を訪問しました。今年は開花時期が早く、昼神温泉峡は既に散っていましたが、上流の月川温泉峡がちょうど満開で、その華やかさに全員、歓声をあげるほどでした。日程の設定に当たっては花桃の開花を念頭に入れて決めましたが、これが的中し、胸をなでおろしました。皆さんの心がけがよかったのでしょう。

 昼は飯田で信州そばを召し上がっていただき、名残を惜しみながら、伊賀良からバスを見送らせていただきました。目頭が熱くなる思いでした。

 参加された方々から、最終回にふさわしい思い出に残る素晴らしい同窓会だったとの便りが寄せられました。

 当日を思い起こすに相応しい同窓会記とスナップアラカルトを伊藤君が綴ってくださり、既に、お手元に届いておられることと思いますので、幹事の役はこれで終了させていただきます。ここに思い出の集合写真を掲載させていただきました。

 これからもお元気でお過ごしください。皆様のご健康とご多幸をお祈りし、筆をおかせていただきます。

2016年6月吉日
S33精密工学科卒 幹事 松島信雄

①全員勢ぞろい(ホテル前で) ②阿智川の橋の上で(後方が昼神グランドホテル天心)

①全員勢ぞろい(ホテル前で)           ②阿智川の橋の上で(後方が昼神グランドホテル天心)

③阿智川上流の散策 ④ホテルの案内版の前で

③阿智川上流の散策                ④ホテルの案内版の前で

⑤夜の宴会で乾杯! ⑥翌朝、全員で

⑤夜の宴会で乾杯!                ⑥翌朝、全員で

⑦翌朝、ホテルの支配人と ⑧満開の花桃の里で

⑦翌朝、ホテルの支配人と               ⑧満開の花桃の里で

⑨花桃の里で ⑩月川の橋の上で

⑨花桃の里で                     ⑩月川の橋の上で